横浜市営交通が100周年 地下鉄ブルーライン延伸計画など、公営交通の現状と展望を見る

2021.02.06

1972年に最初の伊勢佐木長者町~上大岡間が開業したブルーラインは、正式には湘南台~関内間の1号線と関内~あざみ野間の3号線に分かれます。 写真:ゆうじ / PIXTA

横浜市営交通(横浜市交通局)が2021年4月に100周年を迎えます。歴史の始まりは1921年、民間の横浜電気鉄道が運営していた路面電車を横浜市が買収して、横浜市電として運行したこと。かつては市電やトロリーバスもあった横浜市交ですが、現在は市営地下鉄と市バスに集約されています。

最近は地下鉄・市バス合わせて、1日当たり約100万人が利用。コロナで状況は変化したものの、2018年度まで9年連続で一般会計からの補てんなしに黒字を確保するなど、〝公営交通の優等生〟といえる存在です。100周年の節目を機に、地下鉄を中心としたハマの公営交通のあれこれをみてみましょう。

ブルーラインとグリーンラインの2路線

グリーンラインは2008年3月に開業しました。架線集電で、いわゆるリニアメトロ方式を採用します。 写真:line / PIXTA

横浜市営地下鉄(正式には高速鉄道事業)は、ブルーライン(湘南台~あざみ野40.4km)とグリーンライン(日吉~中山13.0km)の2路線で、2018年度の1日当たり利用客は約69万2300人。神奈川中央交通や東急バスをはじめとする民間バスとエリアを分け合う市営バスは、営業キロ513.7kmで同じく約35万1400人というのが市営交通の現状です。

市営地下鉄の話に先立ち、横浜市の交通事情をみてみましょう。多くの方は横浜というと、高層ビル街のみなとみらい21地区やグルメスポットの横浜中華街を思い浮かべるかもしれませんが、それは横浜のほんの一部。横浜市の面積は437平方キロで、大阪市の2倍以上あります。市内中心部は公共交通が発達していますが、外縁部には一部交通空白地帯があったりします。

高齢化が進む

横浜市の交通政策を示すのが2018年末、10年ぶりに改定された「横浜都市交通計画」。市の人口は約370万人で、目立った人口減少はないものの、これからは高齢化が急ピッチで進みます。2015年に全体の23%だった65歳以上の高齢者は2030年には27%にアップし、75歳以上が16%を占めます。公共交通は一進一退といった状況で、きめ細かいサービス提供が求められます。

新しい交通計画には高齢化のほか、訪日外国人増加、ICT(情報通信技術)進歩といった環境変化を反映させました。①市民生活の質の向上につながる都市交通 ②都市の成長を支え、魅力を高める都市交通 ③持続可能で安全安心な都市づくりに役立つ都市交通――を3本柱に、鉄道ネットワークの整備と輸送力増強などを進めます。

次ページ神奈川東部方面線で東京都心直行


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです