俳優の堀海登さんを旅のゲストに 流氷、温泉、タンチョウ、夕日 道東の鉄道・JR釧網線にリモート乗車【コラム】

2022.02.12

知床斜里駅でキハ54とキハ40が行き違います。キハ54は快速「しれとこ摩周号」として運行されます

北海道の東端を南北に縦貫する鉄道、それがJR北海道の釧網線です。路線は網走―釧路(正式には一駅手前の東釧路)間の169.1キロ。雄大な自然のなかを列車が走り、沿線には知床半島や摩周湖、釧路湿原といった観光スポットが点在します。JR北海道も観光線区と位置づけますが、首都圏からは最遠の鉄道の一つで、乗車にはハードルもあります。

そんな釧網線の旅、幸運にも体験するチャンスに恵まれました。といっても本当に乗車したわけでなく、実際はインターネット配信の映像で旅行気分に浸るオンライントラベル。沿線自治体が2022年2月5日に実施した、「堀海登と行く北海道釧網本線リモートトラベル」を取材しました。網走から釧路へ、川湯温泉で宿泊する一泊二日の旅も、オンラインなら90分のコンパクトサイズ。でも、鉄道や沿線の魅力はパソコンの画面からしっかりと伝わりました。

コロナで遠出が難しい時代 沿線の実行委員会が企画

ツアーを主催したのは、釧路、網走の両市と釧路、標茶、弟子屈、斜里、小清水の5町、それに鶴居村の沿線9市町村で構成する「JR釧網本線維持活性化実行委員会」。釧網線の利用促進に向け活動しますが、コロナで遠出が難しい環境も踏まえ、オンラインツアーを企画しました。実際のツアーは、高速バスや旅行事業を手がけるWILLERに委託されました。

WILLERと釧網線の関係は後段に回し、まずはツアーのアウトライン。オンラインツアー(リモートトラベル、シェア旅とも)にもいろいろあるようですが、今回は沿線の見どころを90分間のコンパクトサイズにまとめ、ゲストも参加するという、テレビの旅番組に近いスタイルで配信されました。

ゲストは堀海登(ほり・かいと)さん。昨年、若手俳優グループから独立してテレビや舞台で売り出し中。スタジオでツアー参加者と一緒に配信映像をみながら、チャットで会話するという、SNS方式の視聴者参加型プログラムが組まれました。

流氷が押し寄せるオホーツク海。堀さんは切り込みのワイプ画像で登場。右側にはツアー参加者のつぶやきがチャットで表示されます

次ページ「鮭の漁獲量日本一の町は?」


LINEで送る

オススメ記事