JR東、東急、京急が3社競演 プロジェクト目白押しの羽田空港鉄道アクセス 工事着手などに向け準備着々【コラム】 

2022.05.21

羽田空港アクセス線事業区間位置図(画像:JR東日本)

3年ぶりで移動環境に制限のなかった2022年のゴールデンウィーク(GW)、各地の駅や空港、観光地などは、にぎわいを取り戻しました。代表例といえるのが、東京の空の表玄関・羽田空港。連休初日の4月29日は、出発客が1日10万人に迫り(日本航空と全日本空輸の国内線単純合計)、ほぼコロナ前の状況に戻ったとの見方も示されました。

羽田空港の復活とともにクローズアップされるのが、空港アクセスの改善です。羽田の新しい鉄道アクセス(鉄道プロジェクト)で方向性が固まっているのは「羽田空港アクセス線(JR東日本)」、「新空港線(東急)」、「羽田空港国内線ターミナル引上線新設(京急)」の3件。

工事着手(起工式)など具体的な動きはこれからですが、準備は進んでいるようです。ここでは公表済みの情報から、鉄道ファンの皆さんに関心を持っていただけそうな話題をピックアップ。あわせて、GW直前に空港隣接地で開かれた「羽田スマートシティEXPO2022春」をご紹介します。

2021年1月に国が認可(JR東日本の羽田空港アクセス線)

首都・東京の物流拠点「東京貨物ターミナル駅」。現状、旅客列車の設定はないものの、名目上はJR貨物とJR東日本の共同駅です。全体スペースは東京ドーム15個分の約75ヘクタールもあります(写真:タロイモ / PIXTA)

国土交通省が2021年1月、羽田空港新駅(仮称)と東京貨物ターミナル(東タ)をつなぐ約5キロの新線区間を対象に事業認可したのが、JR東日本の羽田空港アクセス線(仮称)です。

羽田空港アクセス線の路線イメージ。空港とJR東京駅を直結する東山手ルート以外に、西山手、臨海部の両ルートも図示されます(資料:国交省交通政策審議会の公表資料)

路線イメージを再掲すれば、羽田からの鉄道ルートは、途中で3本に枝分かれします。JR東日本は羽田空港新駅―東タ間を「アクセス新線」、枝分かれ後の3本を西側から「西山手ルート」「東山手ルート」「臨海部ルート」と称します。

開業予定は2029年度で、改良区間を含めた総費用は約3000億円。JR東日本は、東京駅から羽田空港までの所要時間を約18分と試算します(いずれも認可時点の数字)。

構造物を避けながら道路や運河の下をトンネルでつらぬく

羽田空港アクセス線の追加情報は、日本鉄道施設協会が2021年10月に主催した「総合技術講演会」から。JR東日本が、「羽田空港アクセス線整備・都心からのダイレクトアクセスを目指して」と題し、新線の施設概要を報告しました。

新線区間は、ほぼ全線が複線トンネル。東タから空港までは、最近の都市地下鉄道建設では定番工法のシールドトンネルで建設します。空港内地下に設ける新駅付近は、地上から掘削する開削工法とします。

線形は用地取得を極力避けるため、公共施設、道路、運河の下部を掘削します。東京都心は既に多くの構造物が建設されているため、道路橋脚、建物基礎などを避けながらルート設定しました。

加圧した空気を吸気して煙の侵入を防ぐ

第1、第2の両ターミナルの中央部地下に建設される空港新駅、当初は深さ40メートル以上、地下7階というかなりの深度に設けられるプランだったようです。しかし、大きなスーツケースを持っての上下移動はなるべく避けたいもの。そこで、もう少し浅い位置に駅を置くこととし、空港の周回道路下に駅を設けることにしました。

シールドトンネルには、万一の火災時などに避難や消防活動に使用する空間を確保。避難空間には、加圧した空気を給気して煙が侵入しないように工夫します。

住民向け説明会も開催

羽田空港アクセス線関係ではもう一つ、紹介が遅れましたが、JR東日本が2021年8月に新線整備事業の環境影響評価書案の住民向け説明会を開催しています。

JR東日本は説明会に先立ち、アクセス新線と東山手ルートをあわせた空港新駅―田町駅付近間について、「環境影響評価書案」を東京都知事に提出しています。住民からは工事方法や運行計画のほか、新駅の有無などについて質問があったそうです。

アクセス新線は、2022年度の工事着手が予定されます。時期は不明ですが、やがて「アクセス線起工」のニュースが発信されることでしょう。

次ページ東急が京急に乗り入れる!? 「新空港線の新設」


LINEで送る

オススメ記事