【鉄ch日報】グッドデザイン賞と交通系ICカード【20201001】

2020.10.01

過去記事から「ひのとり」のプレミアムシート

2020年度グッドデザイン賞の発表がありました。鉄道車両では近鉄「ひのとり」が「グッドデザイン・ベスト100」を受賞、東京メトロ「17000系」とつくばエクスプレスの「TX-3000系車両」がグッドデザイン賞をそれぞれ受賞しています。17000系はまだ営業運転してないけどね。

去年は西武の001系Laviewが「グッドデザイン・ベスト100」、相鉄12000系が「グッドデザイン賞」を受賞。受賞対象一覧ページ(外部サイト)の検索窓に「鉄道」と入れて検索するとこれまでの鉄道関係の受賞履歴が出てきます。車両だけではなく駅舎や商業施設も対象。

調べてみるとなかなか面白くて、たとえば交通系ICカードの「Suica」は2018年に「グッドデザイン・ロングライフデザイン賞」を受賞しています。受賞背景を読むと処理速度が磁気式より0.5秒短くなったという趣旨の記述を見つけてちょっとびっくりしちゃった。平成で最も混雑解消に貢献したのはETCじゃないかなと思ってるけど、Suicaもなかなかのものですよ。

ちなみにSuicaは2016年からApple Payへ対応しています。本日発表があった通り、PASMOも10月6日からApple Payへ対応するそうで、交通系ICとしては2例目です。

文:一橋正浩


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです