JR四国、2年連続で全線赤字 一部持ち直すもコロナ禍で厳しい状況続く

2022.11.08

2021年度の各線区収支(画像:JR四国)

JR四国は2022年11月8日、2021年度の線区別収支及び営業係数を公表しました。

2020年度に続き全ての線区で営業損失を計上しており、JR四国全線合計で199億3400万円の赤字となりました。全体の営業係数は233円です。前年度と比べると回復傾向にありますが、依然厳しい状況が続きます。

2019年度に唯一黒字だった本四備讃線(児島~宇多津)は、4億3500万円の営業損失を計上。前年度と比べると持ち直しており、営業係数も201円から125円に。これは支援措置に伴う国による本四連絡橋(鉄道関連部分)の更新費用負担等によって、営業費用が抑えられたためです。

営業係数で見ると、4桁を越えたのは牟岐線(阿南~阿波海南)の1096円と予土線(北宇和島~若井)の1761円です。予土線は営業収益、営業費用とも前年度に計上した補償金工事の反動減等により減少し、営業損失は前年度より抑えられましたが、営業収益の規模の小ささから営業係数が悪化したかたちです。

次ページ【画像】線区別収支と営業係数など


LINEで送る

オススメ記事