快走が続く北陸新幹線。2024年10~12月はJRグループと地元が共催する、大型観光キャンペーン「北陸デスティネーションキャンペーン(北陸DC)」で盛り上がりそうです(写真:hnamasute / PIXTA)

2024年3月ダイヤ改正から2ヵ月。福井・敦賀に延伸された北陸新幹線は、開業1ヵ月に当たる3月16日~4月15日の金沢~福井間の利用客数が前年に比べ26%増、続くゴールデンウィーク(GW)期間中も14%増と、快走が続きます。そんな新幹線の福井二次アクセスに新しい魅力が加わります。

JR西日本が2024年6月1日から、福井県エリアで運行するのが最新映像技術を駆使したエンタメバス。JR福井駅と恐竜博物館などのスポットを結び、新幹線利用客を県内各地に誘います。バス車内で放映されるのは、地域の魅力満載のオリジナル映像。実写と動画を組み合わせた「新感覚XR(仮想・拡張現実)バス」です。2024年5月8、9の両日、東京で開催された試乗体験会の模様をお届けします。

アクセスバスにXRでエンタメを追加

エンタメバスの正体は「新感覚XRバスWOW RIDEいこっさ!福井号」。WOW RIDE(ワゥライド)の名に、聞き覚えある方いらっしゃるかもしれません。2022年初に東京都心登場で話題を呼び、本サイトでも「新感覚バスツアー」として紹介しました。

ADVERTISEMENT

実はこの時点では開発途上。バスはドイツ製ダブルデッカー(2階建て車)で座席は若干狭く、定員も20人と限られました。

新バージョンが「いこっさ!福井号」で、国産バス2台の特別仕様車。定員36人。車内は一般の観光バスに勝る快適な乗り心地です。

「福井駅と観光地を結ぶアクセスバスに、XR技術でエンタメを付け加えた」といえば、イメージをつかんでいただけるでしょうか。

WOW RIDE乗りに福井にいこっさ!

JR西日本は、なぜこんなバスを登場させたのか。答えは福井の観光地立地にあります。

県立恐竜博物館(勝山市)、永平寺(永平寺町)、県立一乗谷朝倉氏遺跡博物館(福井市)、東尋坊(坂井市)、あわら温泉(あわら市)は、いずれも福井駅から一定の距離があり二次アクセスが欠かせません。

東京~福井間最短3時間切りのスピードが売りの北陸新幹線。JR西日本は、駅から主要スポットまでの楽しさいっぱいの移動も、もう一つの売りにする戦略です。「WOW RIDE乗りに福井にいこっさ(行こうよ)!」というわけです。

【関連リンク】