祝・鉄道開業150年! 天皇皇后両陛下もご出席、記念式典や祝賀会華やかに開催【レポート/後編】

2022.10.22

鉄道開業150年記念式典は、JR東京駅駅舎内にある東京ステーションホテルで開催されました(イメージ写真:momo / PIXTA)

鉄道開業150年のメモリアルデー・2022年10月14日の「鉄道の日」にスポットを当てたレポートの後編です。今回は「鉄道開業150周年記念式典」、「鉄道の日祝賀会」の2つのセレモニーをご報告、あわせて関連する話題を集めました。

一連のイベントやセレモニーでは、社会を挙げて鉄道の大きな節目を祝う一方で、人口減少や新型コロナによる利用減という課題も示されました。テレビや新聞などのマスコミ、さらにより詳細には本サイトのような鉄道ニュースメディアで現状を知った皆さんが、それぞれの立場で鉄道の針路を考える――それが今年の鉄道の日最大の成果なのかもしれません。

国民への感謝を表すセレモニー

鉄道開業150年を顕彰するとともに、国や鉄軌道事業者が日ごろ鉄道を利用する国民への謝意を表したのが「鉄道開業150周年記念式典」です。鉄道の日実行委員会などが主催、2022年10月6日にJR東京駅の東京ステーションホテルで開かれ、政府・鉄道関係者など約110人が出席しました。

式典では、国会出席中の斉藤鉄夫国土交通大臣に代わり、古川康国土交通大臣政務官が主催者代表としてあいさつ。天皇陛下が大要次の通りおことばを述べられました。

次ページ「鉄道唱歌を口ずさんだことも」


LINEで送る

オススメ記事